錦織圭「フェデラーに完敗」計算された敗け?決勝リーグでの再戦の布石

印刷

   ATPツアー・ファイナルできょう12日未明(2014年11月)に行なわれた1次リーグB組第2戦で、世界ランク2位のロジャー・フェデラー(スイス)に挑んだ錦織圭は3-6、2-6のストレートで敗れ、通算1勝1敗となった。次は8位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)と準決勝進出をかける。

次の対戦相手ラオニッチには楽天オープンで破って優勝

   滑り出しはよかったように見えた。それを持続できなかった。第1セットを落としたあと、第2セットの最初のゲームをとった。しかし、ショットの正確さがいまひとつで、反撃にならなかった。逆に、フェデラーは伝説通りの強さを見せた。

いい顔してました

   試合後、錦織は「自分のしたいテニスをさせてくれないのが彼(フェデラー)の強さかなと思いました」と話した。プロテニスプレーヤーの松岡修造は敗因を「サービスの精度に欠けた」と見た。なにしろ初の大舞台だ。まだ図太さが足らなかったのかもしれない。

   司会の小倉智昭は「フェデラーに負けたっていいんです。次を勝てば決勝トーナメントに進めますから」という。勝てば文句なしだが、負けても他の選手の結果次第ではまだ決勝進出の可能性がある。次の相手のラオニッチは高速サーブが売りだが、錦織は先月の楽天オープンで彼に勝って優勝している。

見違えるようなサーブでサプライズ

   小倉「松岡さんはサーブだといってましたね」

   笠井信輔ニュースデスク「そう、マレー戦もフェデラー戦もファーストサーブが入っていない。このスピードアップと正確性がカギだといってました」

   菊川怜キャスター「負けたあとの会見で、すごくいい顔されてました」

   小倉「(フェデラーに負けたのは)作戦だと私は思ってます。A組はジョコビッチがトップでくると、錦織はジョコビッチと当たる。これに勝ちますから、決勝でサーブが入ればフェデラーは『この前と違う』と。だから錦織が優勝します」(笑い)

   ラオニッチ戦は14日未明だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中