錦織圭「準決勝相手」ジョコビッチ?対戦成績は五分...全米オープンでは粘り勝ち

印刷

   ATPワールドツアー・ファイナルの1次リーグB組の錦織圭選手は、日本時間のきのう13日(2014年11月)深夜、準決勝進出を決めた。ただ、対戦相手は予定されていたミロシュ・ラオニッチ(カナダ)が故障のため棄権し、補欠のダビド・フェレール(スペイン)に変わった。補欠がいたというのもちょっと驚きだ。

ラオニッチ故障で急きょ代役フェレール...逆転勝ちで1次リーグ突破

   ラオニッチの棄権は試合開始1時間半前に決まった。太もものけがで「錦織と闘いたかったが、中途半端は失礼だ」と出場を取りやめた。代わったフェレールは世界ランク10位で、強烈なサーブが武器のラオニッチとは対照的に、ラリーで走り回るタイプだ。

捕らぬ狸の...

   錦織は第1セットを落としたが、2、3セットを連取した。とくに後半はサーブがよく入り、多彩なショットが冴えた。試合を見守ったプロテニスプレーヤーの松岡修造は「相手が変わってタフだったと思う。リズムを作ったのはサーブ。フェレールも絶好調だったが、錦織の勝因はメンタルの強さ」という。

   司会の小倉智昭「松岡さんはギアチェンジすると強さが変わるというのだけれど、どうやってギアチェンジするんだろうね」

   ショーンK(経営コンサルタント)「錦織選手はポイントを上げるまでの移動距離が短い。予測する力が素晴らしいんでしょうね」

   小倉「ファイナル・セットまでいったときの勝率は彼が一番高いんですよ」

   梅津弥英子アナ「それにしても、待機している選手がいたので、そうなんだと驚きました」

   岸本哲也レポーターが取材していて「スタンバイ料が約980万円」

   梅津「出なくても?」

   岸本「出なくてもです」

   小倉「限られた選手だけの場だから、観客のためにも不戦勝にはしないんでしょうね。繰り上げって面白い」

ジョコビッチにはこれまで2勝2敗

   では、準決勝の相手だが、錦織はA組の1位と当たる。おそらくノバク・ジョコビッチ(セルビア)だろう。世界ランク1位、全米オープン準決勝で粘り勝ちした相手だが、錦織との対戦成績は2勝2敗の五分だ。

   ここからお金の話になって、ジョコビッチの今季の獲得賞金は11億円、錦織がこの大会前で4億6000万円。この大会を終えると5億円を超えるのだそうである。

   笠井信輔ニュースデスクは「捕らぬタヌキの...」と大笑い。

   小倉「プロはそういうものですから。それに競技人生は長くはない」

   ショーンK「これだけの結果を出すために、どれだけの投資をしているか」

   小倉の捕らぬタヌキは「ジョコビッチに勝って、決勝でフェデラーと対戦して、今度は勝つ」だそうで、「今のところはプラン通り進んでます」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中