紅白出場狙い!?歌うネコ「ドラミちゃん」アイアイから笑点テーマまで

印刷

   「奇跡の歌声」が大発見されたそうだ。愛知県に住む1歳6か月のメス猫ドラミちゃんが「歌う」動画がインターネットに多数投稿されているという。飼い主が「アイアイ」を歌うと、ドラミちゃんは「アイアイ」と合いの手を入れる。「もりのくまさん」「犬のおまわりさん」も同じ要領だ。さらには、「笑点のテーマ」「ゲゲゲの鬼太郎」などをソロで歌う。

   萩谷順(法政大学法学部教授)「少なくともリズムは合ってるよね。名前をドレミちゃんに変えたら、音感も出てくるかもしれない」

気分乗らないと歌いません

   「モーニングバード!」はさっそく訪問した。ドラミちゃんはスタッフから向けられたマイクを両足で握りしめるなど、歌う気十分と思われた。がしかし、気分が乗らなかったのか、なにも歌ってくれなかったという。

   ネット動画ではおもにネコの顔のアップしか映っていないため、見えないところでなにかやってるんじゃないかという声もあるが、飼い主によれば、人間による指図などはなく、ドラミちゃんが自発的に歌っているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中