アメリカ真冬並みの大寒波!ニューヨーク州「非常事態宣言」発令

印刷

   アメリカを大寒波が襲っている。50州すべてで最低気温が氷点下を記録し、これは2月並みの冷え込みで、全米の半分が雪で覆われた。19日(2014年11月)のニューヨークは最低気温が氷点下6度。オーストラリアからの男性旅行者は「とっても寒い」とマフラーで顔半分を覆い、「こうしないとやっていけない」。冬服を重ね着した女性は「いつもの年は1月までこんなには寒くない。12月中旬か1月上旬としか思えません」。

常夏ハワイも氷点下

   州西部のバファローでは2メートル近い積雪だった。雪に埋もれた車をかき出すのに懸命な男性は、「4時間かけてこれしか掘り出せない。車が動くかどうかもわからない」と大汗をかいていた。

大変ですよ

   キャスターのテリー伊藤「雪用のタイヤもはいていないから、大変ですよね、実際」

   地元メディアは除雪作業などで7人が死亡したと伝えている。ニューヨーク州知事は非常事態を宣言し、警戒を呼びかけている。

   常夏の島ハワイでも、ハワイ島で最も標高が高いマウナケアで氷点下0・6度を記録した。

   北太平洋に南から高気圧が張り出し、押される形で北極の寒気が南に下がって、そこへ南から湿った空気が入り込んだためと見られる。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中