2020年 1月 19日 (日)

長野「神城断層地震」震度7だった白馬村堀之内地区!墓石すべて倒壊

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   22日(2014年11月)に長野県北部を襲った最大震度6弱の地震で、震源に近くで被害の大きかった白馬村では、いたるところで道路のアスファルトが壊れ、一部では1メートル近くのズレが露出していた。神城断層が動いた跡だ。自然のエネルギーの凄まじさを見せていた。

縦揺れから横揺れの直下型「逃げる時間まったくなかった」

   リポーターの阿部悦子が道路の亀裂に斜めに巻き尺をあてて、「1メートル25センチ」と伝えた。あまり科学的とはいえない計測だが、道路が大きく段差になっていることは良くわかる。むろん車は通れない。別のところでは、コンクリートが大きく盛り上がって、下で断層が動いたことを示していた。

活断層の上

   地震は縦揺れから横揺れになって家が倒れた。下敷きになりながら助かった被災者は「逃げる時間はまったくなかった」と話す。震源は地下5キロとも10キロともいう浅い直下型だから逃れようがない。

   長野県は地震の名称を「神城断層地震」とした。県全域で負傷44人(うち重傷8人)、家屋全壊47棟、半壊94棟。死者がなかったのが不思議なくらいだった。政府の地震調査委員会は、糸魚川―静岡構造線活断層の一部、神城断層が動いた可能性が高いという。断層から5キロの白馬村神城の堀之内地区はとくに被害が大きかった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中