富士山噴火も想定内!日本列島あちこちで火山活発化...不気味な300年の沈黙

印刷

   昨年(2013年)末から、西之島、草津白根山、御岳山、口永良部島の新岳、阿蘇山と噴火が続き、蔵王山でも火山性微動が観測された。いずれも、何十年ぶりという活発な活動だ。司会の齋藤孝は「日本列島の地下で何が起きているのでしょうか」と産業技術総合研究所・山元孝広氏に聞く。

可能性はありますか
「大きな地殻変動が起きていると考えられます。日本列島には110の火山があり、ほぼ100年周期で噴火しています」

   齋藤「富士山噴火という可能性もありますか」

   山元氏、「三宅島や大島は10年から数十年単位で噴火しています。でも、富士山は1707年の宝永噴火から300年が過ぎていますが、噴火していません。いつ噴火してもおかしくない状況です。確率の問題だと思います」

   たしかに、天変地異が近づいているような感じはする。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中