「猫の楽園」青島―観光客殺到で島民「困った!」通行妨げたり敷地に入ったり...

印刷

   瀬戸内海に浮かぶ周囲4キロほどの愛媛県の青島は、人口減少が続き人間は現在17人しか住んでいないが、そこに猫が100匹以上暮らしている。ネットなどを通じて「猫の楽園」として知られるようになると、観光客が殺到するようになり、島の住民からは「ウンザリしてますね」「怒っとる」などの声が聞かれるようになった。

勝手に餌やり

   島の港では、通行の邪魔になるなどの理由から猫への餌やりをしないよう掲示し、その代わりに離れた場所に観光客用の餌やり場が設置してある。しかし、それに気づかないのか、港で餌をあげる人がいる。猫を追いかけて撮影しているうちに住民の敷地に入り込むケースもある。あるいは、猫を撮っている写真に自分の顔も写っているのではないかと心配する住民がいる。

わかりますねえ...

   もっとも、住民のなかには「生活が180度変わったけど、それに慣れていかなきゃダメでしょ。(島に)来るな、とも言えない」という声もあった。

   司会の小倉智昭「地元の人が気の毒に思っちゃうね。猫に餌はダメでしょ。増えすぎちゃって...。島民の皆さん困ると思いますよ」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中