2018年 7月 23日 (月)

「家計簿アプリ」最新ITサービス舞台裏のまさか!オペレターがシコシコ「アナログ作業」

印刷

   「とくダネ!」は「役立つアプリ」の大特集を組んだが、そのなかに「Dr.Wallet」という家計簿アプリがあった。レシートを撮影して送信すると、商品名や値段を記録してくれるすぐれものだそうで、手書きの領収書でも読み取ってくれるという。いったいどんな仕組みなのか。「現場」を訪ねてみると、そこには「まさか!」(ナレーション)の光景があったという。

レシートの店名、商品名、金額など1枚づつ手作業入力

   マンションの一室で女性オペレーターがノートパソコンを開き、撮影されたレシートの内容をデータ入力していた。荘口彰久リポーターは「ガーッと機械に通していくのかと思ったら、地味にひとつずつ入力していくんですか」と驚いた風だ。オペレーターの女性は「はい、アナログな作業です」

人力でした...

   このアプリでは、全国の登録オペレーター約500人が自宅などでレシートの入力作業を行っているそうだ。それぞれのオペレーターには、レシートの店名、商品名、金額などが細切れで送られてくるため、レシート全体の内容は把握できないようになっているという。

   笠井信輔ニュースデスク「便利な世の中になったねといって、じつはスマホの向う側で手打ちで(やっていて)、結局マンパワーっていうか、昔の大型船で、底で漕いでる人がいたみたいな感じですよね」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中