ノーベル賞・天野教授よりはしゃいでる妻・香寿美さん!「サイン断っちゃダメでしょ」

印刷

   天野浩・名古屋大教授はノーベル賞の授賞式のためスウェーデン・ストックホルムを訪れているが、本人以上にはしゃいでいるのが妻の香寿美さんだ。クラシックコンサートに行くという教授夫妻に記者が「楽しみですか」と話しかけると、天野教授は「寝ちゃうかもね」。すかさず香寿美さんが「何を言っているのですか」

   外出から帰ると、ホテルの前にサインを求めて待っていた人がいた。教授は「ノー、ノー、ノー」。すかさず香寿美さん「せっかくここで待っていてくれていたんだから。寒いんだからしなきゃダメよ!」

未来のノーベル賞学者射止めたお見合い

   香寿美さんの妹の美佐紀さんは「姉は明るい前向きで、あのまんまの人です。もうちょっと作ってメディアに出てよって感じのするくらい。でも、カカア天下ではないですよ。お兄さんがあんなタイプで、遊びも仕事で、仕事も仕事。好きな仕事をできる人ってそんなにいるわけではないので、姉は『尊敬している』って言っていました」と話す。

DNAですかね

   香寿美さんは島根県浜田市で生まれ、地元の高校から京都の大学を卒業した。13歳の時に読んだ「カラマーゾフの兄弟」に感動し、ロシアに住むという夢を実現するために名古屋市でロシア語の勉強したっという。

   20代後半にしたお見合いで「理想の人がいたからちょっと頑張る」と言って射止めたのが天野教授だ。2人の子宝に恵まれたが、夫は研究に没頭し家を空けることが多かったようだ。友人たちは、それでも香寿美さんが怒る様子を見たことがないという。「姉の子どもに対する躾は厳しかったようですが、勉強しなさいと言っている姿は見たことないですね」(美佐紀さん)

   大西洋平アナは「こんなことってあるんですかね~」という。長女は京都大学大学院生、長男は東京大学の学生という。

   司会の羽鳥慎一「やっぱりDNAでしょう。真似しようと思っても真似はできない」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中