歴史的建造物にショーウィンドウNG!「京都市」条例違反で復元の行政代執行

印刷

   京都市はきのう11日(2014年12月)、条例で歴史的建物を保存すると定めている地区の雑貨店が建物の塀部分を無許可でショーウィンドウに改造したとして、元に戻す行政代執行を行った。この店は自転車などの針金細工を販売する「Happy Bicycle」で、昨年7月にオープンした。人気のあるお店で、フジテレビでも紹介したことがあるそうだ。

   笠井信輔ニュースデスク「ステキなお店で、外観も『エッ!?』っていう感じではない」

針金細工のショップ

   針金職人兼店長のハイメ・ロペスさんは周囲にもショーウィンドウを設けた店がたくさんあると主張し、「なんで平等にしないのか。ほんとに悲しい」と怒っている。

tv222970_pho01.jpg

   たしかに周囲にはショーウィンドウのある店がいくつかある。ただ、それらはもともと建てられたときから「店舗」であるため、ショーウィンドウがあってもOKなんのだそうだ。ロペスさんの店はもとは住宅だった。ショーウィンドウをつくったのは以前の借り主で、ロペスさんは条例違反とは知らかったのが真相だそうだ。

   キャスターの菊川怜「(塀に戻した)費用はどうなるんですかね」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中