2018年 11月 18日 (日)

あす火曜夜から「一段と強い寒波」東京都心は氷点下、周辺では雪

印刷
「きのう日曜日(2014年12月14日)は東京の都心でも雪が降りました。あすからも再び寒波が来そうです」

   司会の夏目三久が伝えるように、日本列島はあす16日夜から新たな強い寒気にすっぽり覆われそうだ。東京都心の初雪は例年に比べて20日、去年より9日早いという。

日本一の積雪「青森・酸ケ湯」1・76メートル

   北日本の大雪も記録的だ。1日に1メートルを超える降雪があった新潟・妙高市に高野萌レポーターが出かけていた。「平年に比べて5倍以上の積雪になっています。あら、このお宅はすっぽり雪に埋もれてしまっています。出入りできるんでしょうか」

また寒波襲来です

   現在、日本一の積雪量となっている青森・酸ケ湯では1メートル76センチになり、住民は「今年は早いね。消えないもの」なんて話している。

   上越新幹線も越後湯沢と浦佐間で停電が起きて、きのう列車が立ち往生した。乗客300人が2時間半も車内に閉じ込められた。

年末年始「気温低めで日本海側は雪」

   次の寒波はあす16日夜以降だ。気象予報士の増田雅昭が予想する。「昨日までの週末より一段と強い寒波となりそうです。日本列島を狙い撃ちするように次々と寒波が押し寄せていて、水曜と木曜はドドッとやってきます。東京の都心でも氷点下、周辺では雪がちらつくかもしれません」

   北日本は大雪、太平洋側でも雪がちらつくところがありそうだ。年末年始のお天気は、全国的に気温は低め、日本側は雪と予想されている。

カズキ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中