シドニー「立てこもり男」射殺!女性暴行歴もつ札付きイラン人移住者

印刷

   オーストラリアのシドニー中心街にあるカフェで、銃を持った男が17人を人質にたてこもった事件は、武装警官隊が16日(2014年12月)未明に突入して犯人を射殺した。この時、34歳の男性と38歳の女性の二人の人質が死亡、4人がケガを負った。

過激派「イスラム国」との関係はっきりせず

   立てこもり現場は、スイスの有名なチョコレートブランドのリンツが展開する「リンツ・ショコラ・カフェ」だった。15日朝に銃を持った男が侵入し店員や客17人を人質にとった。人質は窓際に立たされて盾にされたり、イスラム過激派組織「イスラム国」の黒い旗を掲げさせられたりした。

テロが身近に

   男は1996年にイランから移住したマン・ハロン・モンス容疑者(50)で、イスラム聖職者を自称していた。過去に女性に暴行するなどの事件を起こし、警察からマークされる札付きだった。イスラム国とつながっていたかどうかは不明だが、オーストラリアはアメリカとイスラム国の拠点を空爆している。

インターネットのテロ呼びかけに呼応か?

   イスラム情勢に詳しい放送大学の高橋和夫教授によると、男が持っていた黒い旗には「アラーは唯一の神であって、ムハンマドはそのメッセンジャー、使徒である」と書かれており、イスラム国ではこの旗を使っているという。

   館野晴彦(月刊誌『ゲーテ』編集長)「イスラム国がインターネットで世界中にテロを呼び掛けているので、今後こういうことが多発するのではないでしょうか」

   タレントの高木美保「イスラム国の誕生で、日常生活から一歩踏み外し、何かの口実でこんなことをやる人がどんどん増えるような気がします。テロが身近になってしまった」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中