必要な消火しなかった!放火で火元住人逮捕「こたつで燃えるのぼーっと見てた」

印刷

   鹿児島市で4人が死亡したアパート火災で、きのう16日(2014年12月)、火元となった部屋に住んでいた浜屋敷和美容疑者(36)が放火の疑いで逮捕された。出火原因は浜屋敷の火の不始末だったと見られるが、出火後に火を消すことができたにも関わらず、「こたつに座ってぼーっと火を見ていた」と供述するなど、必要な消火をしなかったことが放火に問われた。

火の不始末でも消そうとしないと...

   司会の小倉智昭「放火ってのは、自分が火を付けるのが放火だと思ってたんですが、なんらかの原因で火が出て、それをぼーっと見てても放火なんですね」

放火に問われる

   浜屋敷は76歳の母親や娘2人と一緒に住んでいたが、焼け跡からは容疑者の母親と見られる遺体が発見された。母親は足が悪く、デイサービスを利用していたという。近所の人のなかには、さびしそうに1人でいるところを見た人もいるそうだ。

   山中章子アナ「もしかすると家族関係がうまく行ってなかったのかもしれませんね」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中