2019年 5月 24日 (金)

爆弾低気圧で根室「暴風・吹雪・高潮」3重被害!大雪の中で街は水浸し

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   過去最強クラスの爆弾低気圧の影響で、きのう17日(2014年12月)からきょう18日にかけて列島各地は大荒れになった。北海道根室市では強風や吹雪に加え、街が水浸しになり、2重3重の災害になった。なぜ、こんな異常事態になったのか。

最大瞬間風速39.9メートル

   きのうの午前9時半ごろ、風雪の中、荒れた海から海水が堤防を越えて次々と住宅街に押し寄せた。高潮の発生で冠水したのだ。道路が川のようになり、消防士も腰まで浸かって住民たちをボートで救助した。普段は岸壁にある船が車と並んで退避している。根室港では海上保安庁の巡視船2隻が岸壁に接触、一部浸水したという。

どうして発生?

   根室市は730世帯、約1500人に避難勧告を出した。床下、床上浸水の状況はまだ把握していないという。水浸しになった美容院を営む女性は「何も持たないで逃げるのが精いっぱい。どこから手をつけたらいいか分からない。当分、営業できないね」と寒さに震えていた。暴風も襲い、最大瞬間風速39.9メートルを記録し、山林では樹木がなぎ倒され、倉庫の屋根が吹き飛ばされた。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中