山里亮太「テレビ界の掟破り」ライバル局の裏番組移籍に中居正広「許せん!」

印刷

   SMAPの中居正広が出演して、「加藤さん、テリーさん」の次に「よく知らない天の声さん」とあいさつした。あさって20日(2014年12月)の「中居正広の6番勝負」の番組宣伝だ。中居率いるチームが現役スポーツ選手と対戦するバラエティだが、話は意外なところで盛り上がった。

   中居が「天の声」の親友、山里亮太に言いたいことがあるんだという。

「『ナカイの窓』のほぼレギュラーだったのに...」

根が深い

   中居「あいつ(山里)、『ナカイの窓』(日本テレビ系水曜深夜)って番組でさ、準レギュラーっていうか、3分の2くらいのレギュラーやってたんだよ。それが10月になったら卒業とかいってきてさ、『なんで?』って聞いたら、来週からお台場の局で裏番組やりますっていうんだ」「お前、バカかっていったの。『ゴールデンで抜擢されました』というのなら、オレなんかのは深夜の小ちゃい番組だからさ、だったら『山里がんばれ』って俺は送り出すよ。それが裏番組でやんの!!」

   これに司会の加藤浩次「禁じ手だな」

   キャスターのテリー伊藤も「いちばんやっちゃいけないことだね」

   天の声「いちばんやっちゃいけないこと。山ちゃんも驚いた。『卒業』といわれて、『なんでですか』と聞いたんだって。そしたら『レギュラーやってるの知らなくて』と会社の人にいわれて、衝撃だったんだって」

   加藤「先にやってるものとはぶつからないという掟がある」

日テレ、フジ、吉本興業に裏事情?

   天の声「つらかったみたいよ、山ちゃんも」

   加藤「まずい、まずい。信用できないってことになっちゃう。番組を損得で選んでることになる」

   天の声「そういうことじゃないと思うよ」

   テリー「ボディーブロウで効いてきて、仕事がそのうちなくなるよ」

   加藤「仕事をギャラで選んでることだから」

   加藤もテリーも真顔でいう。天の声はついに「はっきりいおう。吉本なんだ」

   加藤「いや、会社のせいにししてもダメ。最後は自分だから」

   天の声「次いっていい?」

   加藤「次いかせネェよ」(爆笑)

   テリー「みんなを敵にまわしたね」

   天の声「この問題、根深い」

   加藤「『スッキリ!!』の中では語れないね」

   ここで天の声が強引に「クイズッス」コーナーにいったが、この話題を取り上げた日テレと天の声、加藤らの意図は何だったのか。「根が深い」でわかるらしい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中