2018年 7月 20日 (金)

東京・荒川マラソン「行ってみたら中止」!?主催者が会場の使用許可申請忘れ

印刷

   きのう21日(2014年12月)、東京・江戸川区の荒川河川敷の「平井運動場」で行われるはずだった「東京・荒川マラソン」が急きょ中止になり、ひと悶着あった。主催者の任意団体「黎明」が会場の使用許可を取っていなかったのだ。

   主催者はインターネットで参加者を募集し、1500人が申し込んでいたが、19日になって担当者が運動場の使用許可申請を忘れていたことが判明、あわててホームページやメールで中止を告知したが、当日のきのう朝、約70人が会場にやって来てはじめて中止を知った。

年明けに参加費返却

   井上貴博アナ「他の大会に比べてフルマラソンで参加費が4000円と安く、全国から遠出してやってきた人も多いようです。まあ、聞いてないよオということだったわけですね」

ドタキャン

   参加費は500万円ほど集まって、このうち100万円は給水施設や旗などの準備ですでに使われているという。主催者は年明けにも返金するとしている。

   司会の夏目三久「最近はホームページ上で、実施するかどうかを知らせるのが増えていますけどねエ」

   キャスターの齋藤孝「まあ、ドタキャンといった感じでしょうね」

   江戸川区も使用許可が出ていないことを告知していた。

カズキ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中