2018年 10月 17日 (水)

<NONFIX エロスの行方・消えゆく『秘宝館』>(フジテレビ系)
温泉地の人気テーマパーク「秘宝館」はなぜ消えた?いまや全国に熱海の1館

印刷

   温泉地などによくあった「秘宝館」がいまや全国で熱海秘宝館だけになってしまった。秘宝館を研究する北海道大学の妙木忍特任助教によると、秘宝館の始まりは1972年に誕生した国際秘宝館伊勢館で、その後、温泉地を中心に増え一時は20を超えていたという。

   しかし、90年代から減少を続ける。今年3月(2014年)に閉館した嬉野武雄観光秘宝館の管理責任者は、5年前の規制強化などで館内のアダルトグッズを廃止してから赤字に転落したと言う。売り上げは40%程になり、それでも電気代が月20万円もかかるなど経営を圧迫した。

アダルトビデオの台頭で客離れ

   秘宝館が衰退した理由は何か。数多くの秘宝館を手掛けた川島和人氏は「アダルトビデオの台頭」、妙木助教は「集団で場を消費する文化が少なくなった」ことを挙げた。秘宝館というきわものを扱っているのだが、大衆文化とは何かを考えさせる内容であった。(12月17日深夜2時29分~)

鯖世 傘晴

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中