東京都「保育士」給料上乗せ!改善されるか?きつくて長くて安い実態

印刷

   保育士の給料アップに東京都が乗り出す。月3万円の昇給で人材確保をめざすという。山本匠晃アナが読売新聞記事(2014年12月26日付)を伝える形で取り上げた。

   保育士は2017年度には7万人が不足すると予測されている。「重労働に賃金が見合わない」「責任の重さ、事故への不安」「休暇が少ない」などの理由から離職率が高く、資格を持つ人の半分が就労していない状態だ。

待機児童ゼロに向けた取り組み

   東京都はモデルケースとして月2万1000円を補助し、国とあわせて月3万円程度の昇給を15年度からスタートさせる。舛添知事は「処遇を改善し、人材を確保していきたい」と語っている。

積極的です

   山本「待機児童ゼロへ向けた取り組みですね、齋藤さん」

   キャスターの齋藤孝「積極的でいいですよね。こういうふうにすれば、安心して子を持つ人が増えます。(保育士は)きつい労働で時間も長いんですよ。人材を確保するとレベルも上がっていきます」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中