2018年 11月 21日 (水)

築地「マグロ初競り」大間もの451万円!大荒れの津軽海峡で最高値狙い死闘

印刷

   1年で最も高値でマグロが取り引きされる東京・築地の初競りは、5日(2015年)午前5時半から始まった。今年の最高値は大間のマグロで1本451万円をつけた。最高値を求めて酷寒の大間の海に挑んだマグロはえ縄漁船に、「モーニングバード!」が密着した。

モニバド密着の漁船―掛かったのはオットセイ!

   船長の泉学(38)と健志(28)、竜太(22)の3兄弟の第二十八宝幸丸が大間港を出港したのは3日午後5時だった。まず、マグロのエサとなるイカ漁を行い、準備に取り掛かろうとした矢先に、無線で漁場の津軽半島最北端の竜飛岬沖は「北北西の風18メートル」の知らせが入る。普段なら漁を断念する荒天だ。

凄いですね

   しかし、諦めるわけにはいかなかった。昨年は1月4日に318キロの超巨大マグロをゲットしたものの、築地で最高値をつけたのは別のマグロで、3兄弟にはその悔しさが残っている。荒れた竜飛岬を避けて、大間沖にポイントを移し、釣り糸にイカを括り付け海へ投げ込む。マグロが食付くのをひたすら待つ。酷寒のなか、出港してから18時間半が経っていた。何かがかかった! しかしいつもと様子が違う。引き上げるとオットセイだった。

正月3が日が勝負!

   その後、手ごたえがなく1回目は終了。2回目に賭ける。間もなく「かかった。来てる」と弟の声。操舵室にいた兄も出てきて糸を引き上げると、暴れながら巨大マグロが現れた。4日午前7時、港に運ばれたマグロは129キロあった。さっそく梱包され築地に。最高値とはいかなかったが、135万4500円で競り落とされた。

   司会の羽鳥慎一「いや~、凄いですね」

   青木理(共同通信元記者)「正月に寝ている間に美味しいものを獲るためご苦労されているんですよねえ」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中