マクド・チキンナゲット異物どこで混入?タイの工場か、店か...

印刷

   青森と東京の日本マクドナルドの店舗で、人気商品のチキンナゲットに異物の混入があった。マクドナルドのチキンナゲットは、昨年7月(2014年)に中国・上海の工場で使用期限の過ぎた食材が使われていたことが問題になり、タイに製造を移していた。混入はいずれもタイの工場で作られたのものだった。

スタッフは上司に報告せず廃棄

   青森県三沢市の店舗で3日(2015年)にドライブスルーで15個入りのナゲットを3セット購入した男性客が、1時間後に戻ってきて「異物のようなものがある」と伝えた。店のスタッフが確認したところ、青色のビニールのようなものが入っていた。

悪質でないことを...

   東京・江東区東陽町の店舗では昨年大みそかに来店した女性客が店内でナゲットを食べたところ異物があった。「口の中に異物を感じてペッと出したら、1センチほどの四角い半透明のビニールのようなかけらでした」と話す。

   異物はどこで混入したのか。マクドナルドの説明によると、製造工程で使用するビニールは目立つようにすべて着色してあり、青森の店舗で見つかった青色は製造工程で混入した可能性がある。一方、東京の店舗の半透明の異物は国内の店舗で揚げる際などに混入したのではないかとみている。

   東京の店舗の異物の混入は、女性客がその場でスタッフに異物を提出するとともに混入を知らせたが、スタッフは上司の店長に報告せず、異物も紛失してしまっていた。マクドナルドが混入を知ったのは、女性客からの直接の連絡があってからだった。

健康障害起こすような有毒物だったら...

   ジャーナリストの岩上安身は「注意が足りないとか、工程管理が甘いところがあったとか、いずれ原因が突き止められるだろうが、引き締めないと立ち直れなくなる」と厳しく指摘する。農民連食品分析センターの八田純人所長は「プラスチックのような破片でよかったが、大きな健康障害が起きる異物混入の可能性もあります。引き締めてほしい」と話している。

   高木美保(タレント)「中国のときのように、床に落ちたものを戻したときに購入というような悪質でないことを願うばかりですね」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中