2018年 5月 24日 (木)

ゴキブリ混入『ペヤング』40年ぶりパッケージ一新!発売再開は4月以降

印刷

   異物混入問題でゴキブリが見つかり、生産・販売を停止している群馬県伊勢崎市のカップめん「ペヤングソースやきそば」のまるか食品が40年ぶりにパッケージのデザインを刷新することを検討しているという。

   アナウンサーの井上貴博が「朝刊チェック」コーナーで「スポーツ報知」を紹介した。「昨年12月のペヤング問題はまだ覚えていらっしゃると思いますが、大きな決断をしたようです。1975年の発売開始以来40年で初めての大幅なパッケージの刷新をして、異物混入問題から再起をかけるということです」

四角い顔だと...

それでも食べたい!ネットオークションで3倍、4倍の値付け

   パッケージの写真を見ながら、井上は「ペヤングのパッケージはとくに目を引く白地に黄色の派手な字体のものが定着していましたが、変えていかないと、これから戦っていかないということでしょうね」

   キャスターの齋藤孝「ペヤングは人気が高いので、昔のわれわれの世代は顔の四角な人はペヤングといって、それほど浸透していた商品でした。衛生管理をしっかりして復活してほしいですね」

   井上「ファンの人は買いだめして、それがネットオークションで3倍、4倍の値がついているそうです」

   再発売は4月以降の予定で、新年度に間に合う可能性があるという。新パッケージも人気商品になるのかどうか。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中