2019年 1月 20日 (日)

アジカン後藤「サザンがここまで謝らないといけないのは、いかにも弾力がなさすぎでしょう、日本社会」

印刷

   ロックバンド「ASIAN KUNG-FU GENERATION」の後藤正文(38)が1月19日(2015年)、サザンオールスターズの桑田佳祐(58)がライブでのパフォーマンスを謝罪したことについてツイートした。

   サザン好きの両親に影響され、「サザン一色」の幼少期を送った後藤は桑田に特別な思い入れを持っているらしく、「ライブでわざわざアジカンのTシャツ着てくれたりさ、いろいろ届いてるのかなぁとか妄想してる」という。

   「政治的なメッセージを表現に込めるリスク」については「責任がある立場の人ほどある」としながらも、「ある種の軽薄さを売りにしていたサザンがここまで謝らないといけないのは、いかにも弾力がなさすぎでしょう、日本社会」と苦言を呈した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中