2018年 7月 23日 (月)

錦織圭ベスト8!準々決勝相手は昨年の優勝者・・・攻めのテニスに勝機

印刷

   テニス全豪オープン第8日目のきのう26日(2015年1月)、錦織圭選手はダビド・フェレール(スペイン)をストレートで破りベスト8に進出した。28日の準々決勝でダニスラス・ワウリンカ(スイス)と対戦する。

   キャスターの齋藤孝「サーブがすごかったですね」

   石井大裕アナ「見事なまでに緩急をつけていた。外側へのサーブが有効で、見せておいてドンとセンターにいった」

   司会の夏目三久「自信がみなぎっている感じが伝わってきました」

   元テニスプレーヤーの沢松奈生子さんは「サービスキープが楽でした。ギアも(3回戦より)上がってきています」

警戒!片手打ちバックハンド

   次の相手のワウリンカは前回大会の覇者で、屈指のストローカ―だ。これまで錦織の1勝2敗、昨年9月の全米オープンではフルセット4時間15分の大接戦で錦織が勝っている。

自信みなぎってる

   沢松「ワウリンカは一発の重さを持っています。とくに片手打ちのバックハンドが強力で要注意ですが、錦織が攻めのテニスで一歩も引かない気持ちでやれば、互角以上のラリーができます」と予想する。

   グランドスラム制覇まであと3勝。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中