2018年 9月 19日 (水)

ハウステンボスに「変なホテル」7月オープン!受付もポーターもすべてロボット

印刷

   長崎県佐世保市のハウステンボスに少し変なホテルが建設されている。名前からして「変なホテル」で、今年7月17日(2015年)に開業予定だ。未来型の低コストを目標に、「変化して進化していくホテル」をめざしている。

紺系統の制服でセミロングに口紅・・・美形ロボットが「いらっしゃいませ」

   変なホテルはハウステンボスの敷地内に72室が建設される。光熱費を節約するためエアコンは使わず、自然の風や放射熱を利用する。売り物はロボットだ。荷物運びや清掃だけではない。フロントで接客もする。

未来型です

   「朝刊チェック」コーナーで井上貴博アナが紹介した。「この写真を注目してください。女性のロボットです。大変精巧につくられていると感じました。これが受付を担当します」

   紺系統の制服でセミロングに口紅をしている。

   司会の夏目三久「接客も荷物運搬も掃除もやっているんですか」

   井上「多言語で対応します」

   コメンテーターの石原新菜(内科医)「ハウステンボスは子供たちが遊ぶところなので、受付にロボットがいるとエンターテイメントとしていいですね」

   井上「このロボットによって、人件費を4分の1から3分の1にすることができます。ホテルで最もかかるコストは光熱費と人件費といわれていますので、それを抑えたわけです」

宿泊料金は客がオークションで決定

   「変な特徴」なのはオークションで価格が決まることだ。

   井上「宿泊料金は7000円からですが、需要供給によって1000円刻みで入札します。閑散期は安く、繁忙期は高くなるというわけです。

   社長としては世界展開を考えていまして、豊かになったアジアの中間層がどんどん海外に出かけるようになり、世界中のホテルが少なくなるとみて、そこで打って出たようです」

一ツ石

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中