今年は「怪味」がくる!?中国・四川省生まれの複雑な味・・・鶏から揚げでブレーク中

印刷

   パネルにでっかく出たのが「怪味」。森圭介アナが「かいみという調味料の名前なんですが、聞いたことありますか」と振ったが、司会の加藤浩次もキャスターのテリー伊藤も首を傾げる。

   森「これまで塩麹とか、去年は塩レモンなんてありましたが、今年は怪味がくるかも」 加藤「とうとう来ましたか」(笑い)

材料は「練りゴマ、砂糖、醤油、酢、刻みネギ、花椒、生姜、ラー油、豆板醤、にんにく」

   この怪味、とりあえずは鶏のから揚げによく合うのだそうだ。東京・渋谷センター街の専門店「金のとりから」は客が自分で好きなソースをかけられる。「スパイス」「カレー」「レモン」などずらり並んだ中に「怪味」もあった。

とうとう来ました

   客は「酸味もあったがそんなに辛くもない」「食べたことない味」といい、人気ランキングでは目下2位につけている。その能書きには「中国・四川生まれの辛味、酸味、塩味に加え、しびれや香りも加わった深い味わいの怪しいソース」とある。怪味とは中国語で「複雑な味」ということらしい。蒸した鶏に怪味をかけた「怪味鶏」というのが昔からあるのだという。

   日本ではまだ市販されているものはないが、作り方はまことに簡単。料理研究家の青木敦子さんが「スッキリ!!」のために作ってみせた。材料は10種類とたしかに多いが「どれもご家庭にあるものばかり」という。練りゴマ(白)、砂糖、醤油、酢、刻みネギ、花椒、生姜、ラー油、豆板醤、にんにく。これをボウルに入れてかき混ぜるだけでできあがりだった。味の核になるのは花椒だという。青木さんは「熟成させる必要もありません。混ぜるだけで完成で、すぐ使えて便利」という。冷蔵庫で1週間は保つそうだ。

スタジオ試食・・・「酸味が強いんだね」

   さっそくスタジオで怪味を使った焼うどんを試食する。

   杉野真美アナ「酸味!」

   おおたわ史絵(内科医)「酸味きますね」

   テリー「もうちょっとビリッかと思った」

   おおたわ「サラダにもいけそう」

   坂口孝則(経営評論家)「中国で食べた味に似ている。入ってたのかもしれない」

   森が「これにマヨネーズを入れてコクを出したり、中濃ソースや焼き肉のタレなども合わせられます」という。それじゃあ怪怪味だぜ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中