2018年 9月 19日 (水)

「トワイライトエクスプレス」大雪12時間立ち往生!2日目の夕食は「おにぎりと漬物」

印刷

   札幌発大阪行きの寝台特急「トワイライトエクスプレス」が大雪のため、おととい1日(2015年2月)から2日にかけて青森と秋田の県境で12時間以上も立ち往生し、満員の約130人の乗客が閉じ込められた。

   フルコースの豪華ディナーが評判だが、不測の事態となり、おにぎりだけだった。それでも、トワイライトエクプレスは今春引退するため、「最後の乗車で通常より長く乗ることができた」と喜ぶ乗客もいた。

閉じ込められた乗客「乗り納めを長く乗れてラッキー」

   日本一長い距離を走る超豪華のトワイライトエクスプレスは、山口百恵の「いい日旅立ち」が流れ、食堂車は高級レストラン並みのフランス料理がふるまわれる。おとといのディナーは伊勢海老のパリ風キャビアのせ、ソースはオレンジジュース仕立て、黒毛和牛のローストビーフなどが出された。

みなさんの様子は?

   だが、雪に閉じ込められたため、きのうの夕食はおにぎり2個と漬物だった。

   札幌を出発したのはおととい1日午後2時5分、午後11時過ぎに青森県平川市の津軽湯の沢駅付近でストップし、大阪駅に到着したのはけさ3日午前4時22分だった。

   司会の赤江珠緒「みなさん、どんなことをおっしゃっていましたか」

   レポーターの高村智庸「この寝台特急、3月でなくなってしまいます。そのため凄い人気で、予約取るのが大変なんです。朝すぐ頼んでも、もういっぱいになってしまいます。ですから、乗り納めに1晩の移動が2日かかったからラッキーだったという人もいました」

   コメンテーターの岩上安身(ジャーナリスト)「ディナーは2回というわけにはならなかったのですね」

   アガサ・クリスティーの小説「オリエント急行の殺人」では、列車が雪で立往生している間も、ディナーとシャンペンは楽しめたみたいだったけどね。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中