「錦織圭」なぜ急に強くなった?欧米の蔑視・差別見返す精神的成長「世界トップに立つのは自分だ」

印刷

   今年に入っても話題はこの人、錦織圭だ。テニスの全豪オープンは第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が第6シードのアンディ・マリー(イギリス)を破り、2年ぶり5度目の優勝を飾った。

   錦織圭は準々決勝で前回大会の覇者・バブリンカに敗れ、残念ながら4強には入れなかったが、戦いぶりに安定感と自信がついてきたことが見てとれた。日本では彼の健闘に拍手を惜しまなかったが、現地では少し違う反応だったと『週刊現代』が報じている。「アジア人としてはよく頑張ったね」というものだそうである。米スポーツ誌『スポーツ・イラストレイテッド』でテニスを専門に取材しているジョン・ワーサイム記者はこう話す。

<「日本では大人気だと聞いていますが、正直に言って、錦織は海外のテニスファンの心はまったく掴んでいません。というより、誰も錦織に興味がないんです。(中略)では、なぜ錦織の試合が喜ばれたか。それは彼が負けたからでしょう。欧米人は自分たちのスターに懸命に立ち向かった末に敗れる、いいアンダードッグ(負け犬)が大好きなんです」>

   これを「人種差別」だといっていいのか、私には疑問だが、13年の全仏オープンで地元フランス選手と戦った錦織が大ブーイングを浴びたりしたことなどはあった。こういうことはテニスだけではなく、サッカーでもよく見られることだ。そうしたアウェイでの戦いに勝ち抜かなくては一流の選手とはいえないだろう。だが、錦織は性格的におとなしく、これまで格上の相手と対戦すると飲み込まれてしまうことがよくあった。その弱味を見つけ出し、徹底的に精神的にも鍛え上げたのが今のコーチのマイケル・チャンである。彼はアメリカ生まれだが、両親は台湾からの移民だった。兄のカールがいう。

<「悲しいことだが、アメリカではアジア人に限らず、白人以外はみなある程度の差別を受けるんだ。たとえ才能があっても、それは免れない。弟のマイケルも、『絶対に成功しない』と言われ続けたよ」>

   しかし、そんな偏見がマイケルの闘争心に火をつけ、誰よりも強いメンタルを作り上げ、17歳3か月という史上最年少で全仏オープンを制覇するのだ。世界ランクも2位にまで登り詰める。それほどのチャンでも、コートを駆け回る姿についた渾名は「バッタ」「ドブネズミ」だったという。

   チャンが錦織にいい含めるのは、「たとえフェデラーだろうと、お前の道を邪魔する奴はすべて敵だ」ということだ。自分を信じ、勝つのは自分だという強い気持ちをもたなければ世界のトップには立てない。いまやテクニックだけではなく、精神的にも強くなった錦織が、些細な偏見や差別にへこたれることなどないはずだ。週刊現代の記事はまったくの杞憂に終わるはずである。

さっぱり勝てないタイガー・ウッズ!グリーン周りで体コチコチの「アプローチイップス」

   世界中のゴルフファンを呆れさせているのがメジャー14勝を誇るタイガー・ウッズである。先日のフェニックス・オープン2日目でアマチュアゴルファーもビックリの82を叩き、最下位で予選落ちしてしまった。『週刊新潮』で在米ゴルフジャーナリストの舩越園子氏がこういう。<「調子が悪いというより戻せていない、という方が正しい。2009年11月の不倫騒動の時、それまでついていたコーチのハンク・ヘイニーが離れ、第三の目がなくなってしまった。12年に復活優勝し、翌年は賞金王になりましたが、よいときのタイガーとはほど遠い」>

   昨年秋から新しいスイングに取り組んでいるが、酷くなっている印象だといい、アメリカの放送では「アプローチイップス」だといわれているそうだ。アプローチするときに体が固まってしまうのでは、いかにウッズといえどもいいスコアが出るわけはない。

   ジャック・ニクラスが長い低迷期を脱出してマスターズに優勝したのは46歳の時だった。この最年長優勝記録を破れるのはウッズしかいないはずだ。まだまだ時間はある。ゆっくりスイングを直せばいい。

「高倉健」病床でもガーリックチップたっぷりのフィレステーキ!最後の言葉は「慌てるな」

   『文藝春秋』は「永久保存版 高倉健 一九五六―二〇一四」を出したがが、その中に健さんの養女になった小田貴(50)さんの文章を載せている。『週刊文春』がその抜粋を掲載している。18年間も健さんのそばにいて最期を看取った貴さんの言葉を紹介してみよう。 悪性リンパ腫が判明し、昨年4月から100日間の入院を余儀なくされたときだ。

<高倉は担当医に「先生、何もしないとどうなるんでしょうか?」と、冷静に問いました。教授が答えて下さいました。「死にます」。それまで帰ろう、帰ろうと入院を嫌がった高倉でしたが、「人間いずれは死ぬんだけど、まだ、死ぬわけにはいかないんですよね。仕事があるんです。じゃ、お願いします」とそれまでの抵抗が嘘のようにあっさり治療を承諾したので、皆、拍子抜けしました>

   入院中は、<夕食の献立として最も喜んだのは、大量のガーリックチップを添えたフィレステーキ。グリーンサラダとフルーツとともに満足の笑顔が戻る時でした>

   病状が急変したのは11月9日のことだった。<苦しい呼吸の中、一生懸命言葉を発し続けてくれました。最後に聞きとれたのは、「慌てるな、慌てるな」でした>

   目を閉じた顔は安らかだったという。<2014年11月10日午前3時49分。担当医による告知。モルヒネが使われることなく、高倉は自分の力で生き切り旅立って参りました>

   先日、週刊現代に載っていた健さんが好きだったというアップルパイを注文して食べてみた。林檎の甘みを生かした上品な味だった。もっと健さんのことを知りたい。そう思った。

裁判敗訴で「『幸福の科学』へお詫び」納得できぬと週刊文春4ページ反論

   『週刊文春』に1ページ大のお詫びが載っている。幸福の科学の大川隆法氏が教祖の立場を利用して、宗教的儀式を口実に女性秘書に性的行為を強要していたという記事を平成24年7月19日号に掲載したが、事実に反していたのでお詫びするという文面だ。文藝春秋・松井清人社長と週刊文春・新谷学編集長名である。

   だが、さすが週刊文春。次ページから4ページにわたって「本誌はなぜ『謝罪広告』を掲載するのか」という問題提起特集を掲載している。文藝春秋側は記事作成までの経緯を綴り、当事者には所在不明で取材できなかったが、十分に取材を尽くし教団側のコメントも掲載しているとしている。そして、この記事の掲載後に訴えてきたのは幸福の科学で大川教祖自身ではなく、その理由も「教団の名誉が毀損された」というものだから、<教団と大川氏は「別異の人格」であるため、原告である教団の名誉を毀損したことにはならない>と裁判で主張したという。

   主張は一審では認められて文藝春秋側が勝訴したが、二審では記事の真実性は証明されておらず、「大川の全人格に対する社会的評価は幸福の科学と直結する」として名誉毀損を認め、文藝春秋側が敗訴している。1月23日、最高裁は文藝春秋の上告を認めない決定を下し、敗訴が決定した。

   ここからが本題になる。週刊文春が掲載したお詫び広告の文面も見出し、活字の大きさも裁判所の指示通りで、「本誌の自発的意思で書かれたものではない」とし、謝罪広告の掲載命令は憲法19条が定める「思想および良心の自由」に反する、自発的意思に基づかない謝罪を国が強制するのはおかしいと問題提起しているのだ。

   民法の権威と呼ばれた幾代通上智大学法学部教授の「ここまでの強制をすることは(略)、人間としての不遜の誹りを免れないと思う」という言葉を引用し、奥平康弘東大名誉教授の「媒体などが心から謝罪する気になって、自発的におこなう希な場合をのぞけば――『良心の自由』に違反すると思う」という言葉を引き、「民主主義的な国で裁判でお詫びを強制している国はほとんどありません」と田島泰彦上智大学教授にいわせている。

   なぜそうなるかといえば、1956年、最高裁大法廷判決が「謝罪広告は憲法に違反しない」という判決を出したからだが、60年も前の判例だし、その時にも2人の裁判官が反対意見を述べているではないかと主張する。このことから、今の名誉毀損裁判や賠償額のおかしさへと及んでいくのだが、謝罪広告について、ここまで誌上で反論したものは、私が知る限りほとんどないのではないか。雑誌協会全体で議論を深め、法務省へ申し入れすべきだろう。

   私の時代は謝罪広告の大きさや文字の指定などはなかったから、仕方なく謝罪するときも、できる限り小さく虫眼鏡で見ないとわからないぐらいの活字にして、風俗記事の下に入れたりしたものである。してみれば私には「良心」がなかったということになるのか。今は不自由な時代になったものだ。文藝春秋頑張れ!

晩酌の楽しみ「ニュースウオッチ9」井上あさひまで交代とは・・・籾井NHK会長ますます嫌いになった

   最後にNHKの「ニュースウオッチ9」の顔が2人とも交代するというのでガッカリしている。大越健介氏は仕方ないとして、私が好きだった井上あさひチャンまで代わるのはなぜなのだろう。夕食時、彼女を眺めながら酒を飲むのが数少ない私の楽しみだったのに......。今度の女性アナは朝の「おはよう日本」の平日の顔、鈴木奈穂子だと文春が書いている。

   彼女の顔は「愛人顔」といわれ愛されるキャラらしいが、私はあさひチャンのほうがなんぼかいい。あのクールな目で見つめられる楽しみがなくなるとは、むごいことをNHKもするものよの~。籾井会長がますます嫌いになるな。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中