錦織圭「メンフィス・オープン」3連覇!アンダーソンにストレート勝ち

印刷

   テニスのメンフィス・オープン決勝戦の錦織圭の3連覇の瞬間が、けさ16日(2015年2月)の「あさチャン!」でリアルタイムで放送された。午前7時26分だった。

   中継のスコアを見ていた石井大裕アナが「マッチポイントです」と叫んだ。スコアボードに「AD」と出る。次のサーブで決まるか。「決まった」という声にスタジオは拍手、拍手となる。

「あさチャン!」リアルタイム速報「このサーブ決れば・・・。勝ちました!」

   対戦相手は世界ランク15位のケビン・アンダーソン(南アフリカ)で28歳。身長203cセンチ、体重89キロの巨漢で、角度のある強烈なサーブが武器だ。試合前の記念写真で並ぶと、錦織は相手のアゴまでしかない。

勝ちました

   アンダーソンのサーブに錦織が手が出ない場面も何度もあって一進一退の攻防が続く。錦織はバックハンド、飛び上がりながらのジャックナイフを決める。ラインぎわも面白いように決まった。最近の試合でミスを連発していたのがウソのようだ。

   「あさチャン!」は試合開始前から中継放送することを伝ていたが、7時16分に「速報です。第1セット6-4、第2セットが目下4-3で錦織がリード。あと2ゲームとれば勝利です」

   7時21分に「5-4となっております。このサービス・ゲームをとれば優勝です。あと1ゲーム」

   その5分後に勝った。

勝ち進むにしたがってギアチェンジ

   司会の夏目三久「決勝へ来て、ギアが上がったようですね」

   キャスターの齋藤孝「それまでは何となく緩めにやってたんでしょうか」

   石井「緩めにはやってません」(笑い)

   齋藤「決勝で若さが出てるんですね」

   メンフィスと同じ日程であったABNアムロ世界トーナメント(ロッテルダム)では、先の全豪オープンで錦織を破ったS・ワウリンカ(スイス)がT・ベルディヒ(チェコ)を破って優勝していた。錦織はメンフィスで勝つ必要があったというわけだ。ランク5位にふさわしい試合ぶり。錦織のリベンジはいつになるのか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中