村上春樹「名古屋のマウンテンの甘口抹茶小倉スパ健在でした。もう伝統芸能」

印刷

   作家の村上春樹(66)が2月24日(2015年)、読者との交流サイト「村上さんのところ」で、名古屋の名物喫茶店「喫茶マウンテン」について語っている。

   「喫茶マウンテン」は抹茶やイチゴ、餡子などを加えた「甘口スパゲティ」で全国的に有名となった。村上は、エッセイスト・吉本由美、写真家・都築響一との共著「東京するめくらぶ 地球のあるき方」(2004年 文藝春秋)で訪れている。

   「一昨年の秋、ようやく行くことが出来ました。食べたのはもちろん『甘口抹茶小倉スパ』。マウンテンは健在でした!」とのコメントを寄せた読者に、「『マウンテン』、いまだ健在なんですね。素晴らしい! かどうかはわかりませんが、あそこまでいくともう伝統芸能みたいなものなので、このままがんばってもらいたいと思います」と語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中