このドレス何色に見える?ネットで話題の写真・・・「青と黒」「いや、白と金」

印刷

   このところネットで話題になっている1枚の写真がある。ブルー系の地に黒っぽい飾りがついた女性用ワンピースで、これが何色に見えるかというのだ。司会の夏目三久が出演者に確認していった。

   キャスターの齋藤孝は「白っぽい青(地)と黄色(飾り)」。すかさず「エーッ」という声が上がる。井上貴博アナは「白(地)と金」。これにも「エーッ」

   女性陣はほぼ「青(地)と黒」でうなずいている。夏目は「私は紫(地)と茶色に見えるんですけど・・・」と笑って、「なぜ人によって見え方がちがうんでしょうか」

ロンドンのファッションメーカーのオリジナル

   この写真はイギリス人女性がネットに投稿したもので、街で聞いてみると、女性は「何回見ても青と黒」というが、連れの男性は「そうなの。オレは白と金」。女性の2人連れは2人とも「青と黒」だった。

何色に見えます?

   ロンドンの揖斐祐介記者がこの服が売られている店を訪ね、「これです」と取りあげ「ご覧のように青と黒です」。Roman Originalsというブランドで、「ネットで話題になったので、ショーウインドウの前でみんな写真を撮って大騒ぎです」と店員は話す。ドレスの売り上げが7倍になって、ネット販売で世界中から注文が殺到している。白と金のドレスもオークション用に限定1着だけ作ったという。

なぜ見え方が違うのか?目のセンサーに個人差

   なぜこれが違う色に見えたのか。視覚特性に詳しい横浜国立大の岡嶋克典准教授は「頭の中の見え方には目の個人差が入ってくるので、白い照明で照らしていると頭が考えると青と思うんです。しかし、青い光だと考えると、青は比較的に暗い色なので、白と金になる」と解説する。目の視細胞のセンサーの強さは人によって違い、青の感度の強い人は同じものを見ても青を強く感じるという。「この絵(写真)が面白いのは、ひっくり返りが起こりそうな微妙なバランスになっていることです。一般的にはこんなことは起らない。視覚研究者もこんなにうまくできた絵はなかなか作れなかったので、話題になっているのです」

   夏目「研究者のあいだでもよくわからないそうですが、実物だとみなさん一致するのが、写真で見ると違ってくるということです」

   齋藤「見ているのは1枚の写真ですからね。でも、ディレクターの中には、きのうまでは白と金で、きょうは青と黒という人もいましたね」

   夏目が「日によって異なるなんて不思議なことがあっていいでしょうか」と大きな「顔のパネル」を使って、背景の違いでどう変わるかをいろいろやってみせた。グリーンの背景ではオレンジの目がグリーンになったり、また赤の背景ではブルーの目がグレーになったりする。これは単純な錯覚と補色のようだったが、ドレスの方はやっぱり不思議。もし本当に色が変わって見えたりしたら大変だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中