「ズンズン運動」逮捕の姫川尚美「ただのおばさんだけれど周りに信者」

印刷

   乳幼児の体を揺さぶる「ズンズン運動」と称する施術で生後4か月の男の子を死亡させたとして、新潟県上越市のNPO法人元理事長の姫川尚美容疑者(57)がきのう4日(2015年3月)、業務上過失致死容疑で逮捕された。男の子の母親は「そんな人を信じてしまったのかと本当にショックです」と無念を語る。

   男の子は去年6月(2014年)、大阪・淀川区の事務所のサロンでマッサージを受け呼吸困難となり、6日後に死亡した。姫川は「私の手で死に至らしめたという自覚はない。不注意をしたこともない」と死亡との因果関係を否定している。

母親ら「不安あったが集団心理」「抜けることは許されない雰囲気」

   NPO法人「子育て支援ひろばキッズスタディオン」は2003年に上越市に設立され、東京都豊島区と大阪市淀川区に事務所がある。「ズンズン運動」は体を伸ばしたり首や頭をそらしたりするマッサージの方法で、「免疫を高めアトピー性皮膚炎や便秘解消などに効果がある」とうたっている。

お母さんの心理

   亡くなった男の子の母親は「ズンズン運動」について次のように話す。「(実際にいってみると)首が真っ赤に腫れたり、皮がむけて血がにじんだりして、大丈夫かなと思っても、周りのアドバイザーが良くなっているというので、集団心理みたいなもので、そうなのかなと思いました」と話す。

   別の母親も「(姫川は)ただのおばさんの感じなんですけど、周囲に信者のような人がいて、そこから抜けることは許されない雰囲気でした」と語る。姫川は国家資格を持っていない。13年2月、新潟県の男の子(1歳)が死亡し、業務上過失致死容疑で書類送検されたが不起訴になっていた。

子育ての相談する相手いない若い母親たちの孤独

   「ズンズン運動」にはこの10年間に6000人以上が訪れており、なかなかの人気で予約が取りにくく、東京や沖縄からもやって来ていたという。なぜ、人気なのか。死亡した男の子の母親は「核家族というか、周りに知り合いがいないし、親も離れており、どうやって子育てすればいいのか悩んでいました」という。

   司会の羽鳥慎一「子育てに悩んでいるお母さんの心理につけこんだのでしょうか」

   コメンテーターの宮田佳代子(城西国際大学客員教授)「そうなんでしょうね。子育てはいつも常に不安がつきまとう。私もベビーマッサージに子どもを入れたことがありました。ぜんそくの気があるので、なるべく医療に頼らない方法を取り入れたいという気持ちがありました」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)は「もともと業として施術することは原則ダメなんです。まったく資格のない人が他人に施術を施すのは危険なんです」と強調した。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中