2018年 9月 21日 (金)

ハリソン・フォード「小型機墜落」ラッキー重なり九死に一生

印刷

   自らが操縦する小型飛行機の墜落事故を起こしたハリソン・フォードだが、いくつものラッキーが重なって、頭部の負傷と脊椎骨折だけで九死に一生を得た。

   まず、不時着したのがゴルフコースだったこと。周囲に建物はなく、翼が木の枝に引っかかったが、バランスを保って横転などせずランディングできた。また、最初に駆けつけたのがラウンド中だった脊椎外科医だった。医師は仲間とフォードを救い出し、適切な緊急処置を行った。

「インディアナ・ジョーンズは死なない」

   ネットにも「不時着するならゴルフコースに限るね。腕の良い医者の1人や2人は必ずラウンドしてるしね」「インディアナ・ジョーンズは死なない。いつだってそうだ」などジョークが飛び交っている。

Noriko Fujimoto

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中