大阪桐蔭「裏金1億円」幹部ら飲み食い!保護者から教材費多めに集金

印刷

   甲子園の選抜高校野球で2回戦に勝ち進んでいる大阪桐蔭の名前が変なところで出てきた。大阪桐蔭中学・高校(大東市)で保護者から教材費を多めに集めて裏金をつくり、これを幹部が交際費などに使っていたというのだ。その額は10年間で1億円というからただでは済みそうにない。

   大阪府は詳しい報告を求め、私学補助金の減額も検討するという。野球で有名なだけでなく、大阪でも屈指の進学校でもある。不祥事はその教材や模擬試験にもかかわるだけに、保護者の目も厳しいものになりそうだ。

同じ学校法人「大阪産業大」では補助金不正請求

   大阪府などによると、毎年度はじめに教材費を多めに徴収し、業者に支払ったあとの余りを返金せずに隠し口座にプールしていた。生徒数は中高合わせて3100人だから金額も大きくなる。幹部職員は裏金を教材会社との会食費やブランド品の購入に当てていた。

井上:いまや進学校

   露見した1億円は2005年以降だけで、それ以前の出納記録がないため、実際にはどれだけあったかはっきりしない。模擬試験の受験料の一部、6000万円を別口座で管理していたことも明らかになっている。

   桐蔭は金にまつわる話がよく出る。同じ学校法人傘下の大阪産業大はおととし、補助金不正請求で文科省から処分を受けている。桐蔭高校生に入学の意思がないのに産業大を受験させ、合格に後辞退させて実入学者数を減らす。これが「国の補助金狙い」とされたのだ。

   2年前の卒業生のひとりは「まだやってるの」とあきれ顔だ。「学習塾関係だといろいろありそうだという印象はあります。模試はもう半端じゃないくらい受けているので」。産業大の不正は「受験ちょっとしてや」「好きな学部書いてよ」という軽いノリで受験させられていたのだが、「そこまで重要な話になったんだと生徒はびっく りした」「裏金がどうなってるのか。返ってくるなら返してほしい」という。大阪桐蔭はきょう25日(2015年3月)、第三者委が会見して説明するという。

水差されたセンバツ甲子園野球部!あす26日に第2回戦

   井上貴博アナが解説した。桐蔭は95年に中高一貫教育を導入し、そこから進学実績が急激にあがったとされる。「たとえば、京大の合格者は2000年前後はヒトケタだったのが、近年は40人ほど。ぐんとあがっています」

   高校のコースは3つあって、(1)難関の国公立大・私立大(2)国公立大・難関私立大(3)体育・芸術だ。硬式野球ではご存知、甲子園で春夏5回の優勝を誇る。

   キャスターの齋藤孝「被害者は生徒より保護者ですよね。教材費だと思っていたのが流用された。学校法人には助成金が出ているので、会計は完全に透明でないと問題があります」

   井上「私学補助金を減額しようということになってますが、企業だったら大問題ですよね」

   齋藤「以前も法人として問題あったし・・・」

   司会の夏目三久「春の選抜で、あす(26日)2回戦をひかえている選手たちには水を差す話です」

   もうちょっと取材してほしいところだが、いまの「あさチャン!」では無理か。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中