モニカ・ルインスキー「大統領と不適切な関係」から17年・・・再び注目の権謀

印刷

   ホワイトハウスを舞台に、当時のクリントン大統領と22歳の研修生、モニカ・ルインスキーとの「不適切な関係」が明らかになってから17年、モニカのメディア露出がここへきて増えている。

   先週もさまざま業界の有名人が講演を行うTEDカンファレンスに出席して、前代未聞のセックススキャンダルで貶められ、見せしめにされ、侮辱された経験を語り、近頃、社会問題化しているネット上での中傷行為やイジメに異議を唱えて喝采を浴びた。その講演を紹介するTEDのサイトは40万件以上の再生があったという。

妻ヒラリー「出馬」への嫌がらせ?

   41歳となったモニカは外見は17歳のころとまったく変わらず(「ヘアスタイルまで同じじゃん」とつっこむネットユーザー多し)、よりパワフルになった印象だ。英国で社会心理学の修士号も取得したという。

    このタイミングでモニカの露出が増えていることを、「クリントン陣営に打撃を加えるためではないか」などという憶測もネットでは流れている。次期大統領候補に妻のヒラリーの名前が挙がっているからで、ヒラリーの私的メールアドレス使用に加えて、夫の醜聞を蒸し返そうと画策する陣営が仕掛けているのではないかというわけだ。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中