お花見シーズン到来!ところが・・・各地のソメイヨシノ大ピンチ

印刷

   今週末あたりから各地のお花見名所は大賑わいとなりそうだが、主役のソメイヨシノがピンチになっているという。戦後の高度成長期にほぼ一斉に植えられて50~60年たち、老木化して倒れたり腐ったりする気が増えているのだ。

   東京・国立市の桜並木で2011年、樹齢約50年のサクラが倒れ、停車中の車2台を直撃した。このため、国立市は180本のうち半数を伐採して、新たに植えることにしたが、住民から反対の声が上がり、伐採を34本に減らした。

樹齢50~60年で倒木の危険や病気

   国立の桜並木を樹木医の岡山瑞穂さんに診断してもらうと、キノコがびっしり生えたサクラもある。「内部が腐食した状態です。枝を切ったところから菌が入ったり、体力が弱ったりしていますね」

将来的な保存

   司会の羽鳥慎一「住民の気持ちは分からないではないが、危機回避が優先とは思いますけどねえ」

   吉永みち子(エッセイスト)「いま急に寿命が来たわけではなく、以前からこういう事態はわかっていたことですからね。今の保存より将来的な保存の観点から考えることが重要ですよ」

成長速いが細菌に弱いソメイヨシノ

   接ぎ木で植えられるソメイヨシノは成長は早いが、ヤマザクラより細菌などに弱い。寿命については諸説あるが、60年というのが一般的だ。しかし、寿命と関係なく、枝切り部分から菌が入ると内部の養分を吸い取られてしまう。キノコが出た状態では中がスカスカになっているという。それでも花は咲くので、外見ではわからない。

   小松靖アナ「寿命とダブルパンチですね」

   羽鳥「しっかり対応しないといけません」

   小松アナは「みんながどう考えるかですね」

   新しく植えるというならそれでいいと思うけどなあ。反対している人もいま自分たちが楽しみたいというより、20年後に子供たちを楽しませてやりたいとは考えないんだろうか。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中