「双子の宇宙飛行士」地球と宇宙船離れて暮らすとどうなるか?NASA実験開始

印刷

   NASA(アメリカ航空宇宙局)に所属する一卵性双生児の兄弟宇宙飛行士(51)が、1年間、地球と宇宙に別れて暮らし、身体面、精神面でどのような差異が生じるのかを調べる実験が始まった。

   弟のスコット・ケリー飛行士は28日(2015年3月)未明に宇宙に出発。これまでに3回ほど宇宙を飛んだ経験があり、これから約1年間を国際宇宙ステーションで過ごす。その間、スペースシャトル「エンデバー」の船長をつとめたことがある兄のマーク・ケリー飛行士は地球上で生活を送る。

将来の火星有人探査のためのデータ調査

   NASAは「この実験は火星の有人探査を見据え、人類が火星を訪れる前に宇宙空間のネガティブな影響を把握することが目的」と説明している。

   野村修也(弁護士)「火星(探査)を見据えてるってのが夢があってすごいですよね。実験の結果、私たちも火星に行けるんじゃないかって気がするので、ぜひいい結果が出てほしいですよ」

   なにをもって「いい結果」というのかな。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中