2018年 9月 26日 (水)

GACKTパリで人種差別―辻仁成「相手を徹底的に問い詰めるべき。おいらは日本語で」

印刷

   作家、ミュージシャンの辻仁成(55)は3月31日(2015年)、GACKT(41)がフランス・パリで受けた人種差別についてツイートした。

   GACKTはパリのホテルのビュッフェで店員から露骨な人種差別を受けたとブログで明かし、店員をフランス語で問い詰め話題となっている。

   辻は「ミュージシャンのガクトさんがパリで差別受けた記事読んだ。彼の対応、よいね。差別されたと感じたら、パリでは、相手を徹底的に問い詰めるべき。ただ差別してるのがフランス人とは限らない。堂々と挑めば差別は受けにくい、とおいらは思う」とコメントした。

   「(差別を受けた時)おいらは相手をじっと睨みつけ、最後は日本語で罵倒します」と対処法を明かした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中