2018年 7月 19日 (木)

敦賀気比・松本哲幣きのうは「優勝ホームラン」2連続満塁打に続く「持ってる男」

印刷

   春の選抜高校野球は福井の敦賀気比が優勝した。決着をつけたのはまたも「ホームラン男」だった。敦賀気比の右翼手・松本哲幣は準決勝で連続満塁ホームランを放ち、この日もツーラン。いやはや凄いヤツがいるもんだ。

   きのう1日(2015年4月)の決勝の相手は東海大四(北海道)で、どちらが勝っても初優勝になる。両チームとも初回に1点ずつ取ったあと投手戦となって点が入らず、動いたのは8回裏だった。1死2塁で打席に立った松本は甘いスライダーを逃さなかった。これが決勝打となった。本人は「きのうの2本より完璧」と話している。優勝インタビューで「これまでの野球人生にないくらいすごく楽しい場所でした」と笑う。

背番号17・・・準決勝まではベンチ組

   司会の羽鳥慎一「持ってますねえ。今までできないようなパフォーマンスが甲子園でできるんだから」

福井を有名にした

   高木美保(タレント)「福井が全国に名前が出ることあまりないですよね」

   羽鳥「五木ひろしさん(笑い)。メガネの生産が日本一とか」

   小松靖アナ「北陸に初の優勝旗をもたらしました」

   羽鳥「この選手、まだ夏がある」

   松本の背番号は17。もともとはレギュラーじゃなかった。準決勝から出て2打席連続満塁ホームラン、1試合打点8はいずれも新記録だ。準決勝の大阪桐蔭戦は昨年夏の準決勝と同じだった。このときは初回リードしながら、平沼翔太が打ち崩されるのを松本は応援席で見ていた。今回はその雪辱だった。

   高校野球のドラマはホ本当に深いものがある。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中