「アニメソングの帝王」水木一郎が道徳教科書に登場 「子どもたちの力になれたら幸いだゼーット!」

印刷

   「アニメソングの帝王」とも呼ばれる歌手・水木一郎(67)が4月1日(2015年)、新年度から小学生の道徳教材に自分が掲載されるとツイッターで明かした。

   「なんと!小学校3年生の『どうとく』の教材に登場だゼーット! 俺の生き方が子どもたちの教材になるなんて本当かよ!?」といい、多くのファンから祝福のメッセージが送られた。

   ツイートの添付画像によると、水木が掲載されるのは文溪堂の小学生用「3年生のどうとく」。「まだ新学期が始まっていないので詳しく内容は語れない」というが、「少しでも子どもたちの力になれたら幸いだゼーット!」とお馴染みの台詞を使って喜んだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中