スマホやめますか、大学やめますか?入学式で信州大学長「依存症は毒」

印刷

   「スマホをやめますか、大学をやめますか」と信州大の山沢清人学長がおととい4日(2015年4月)に行なわれた入学式の挨拶で語りかけた。いきなりどういうことなのか。

   「信州でもものやサービスがあふれ始めました。その代表例が携帯電話です。スマホ依存症は知性、個性、独創性にとって毒以外の何物でもありません。スマホを切って本を読みましょう、友達と話をしましょう、自分で考えることを習慣づけましょう」と学長は熱心に呼びかけたのだ。

東京・渋谷の大学生―「大学やめる」10人、「スマホやめる」20人

   司会の小倉智昭「怜ちゃん、こう言われたらどうします?」

どうしますか?

   キャスターの菊川怜「ちょっと悩んじゃいますよね」

   小倉「エッ、悩んじゃうの!」

   木下康太郎アナが渋谷で学生たちにたずねた。多摩大1年生男子(18)「友達の輪を広げるために来たようなものなので」と大学やめる派。都内の4年生男子(23)「スマホを選びますね。勉強は自分でやればいい」

   上智大2年生女子(19)は「大学に行くだけでスマホで得られる以上のことを得られる」、都内の2年生女子(20)「親に行かせてもらっているんで、自分の都合だけで大学をやめられない」、デジタルハリウッド大1年生女子(19)は「私はガラケー持って大学に通います」と笑った。

   大学をやめます派は10人、スマホやめます派は20人だった。

   小倉「お願いですから、100%スマホをやめてもらいたい。学長の話は当然だと思いますよ。学生に本をもっと読んでもらいたい」

   普通はそう思うよ。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中