高速道路で犬はね飛ばし!奇跡的に軽傷・・・でも、ワンちゃんの恨みは強かった

印刷

   中国・湖南省の犬の話だ。帰宅途中の張さんが高速道路を100キロ以上で飛ばしていたところ、突然、黒い物体が飛び出してきた。ハンドルを切ったが避けきれずはねてしまたったが、どうせ野生動物だろうとそのまま走り続けた。

   ところが、途中から異変が起きた。「うううう・・・」「おおおお・・・」と不気味な鳴き声が聞こえてきたのだ。張さんは車を止めて降りて見るとびっくり。前部バンパーのすき間に1匹の犬が挟まっているではないか。しかも生きている。大けがはないが捨てるわけにはいかない。助手席の乗せて400キロ先の家まで連れ帰り、獣医に診察してもらうと奇跡的に軽傷だった。

飼うことにしたが・・・ワンとひと声吠えて仕返し

   「これは運命的な出会いに違いない」と張さんは飼うことにした。美談としてニュースにも取り上げられ、めでたしめでたしとなったが、犬はひどい目に遭ったためか、ショックですっかりおびえていた。檻から出されるとワンとかみついた。

出会いは最悪

   キャスターの菊川怜「そりゃあ、そうですよ。よくやりましたよ。出会いが最悪ですからね」

   司会の小倉智昭「でも、この子、助かってよかったですよ。400キロも乗せられてよく死ななかったと思いますよ」

   ニュースデスクの笠井信輔「東京―名古屋間ぐらいありますよ」

   小倉「2人の関係、うまくやっていくのでしょうか。チョーさん(長嶋茂雄)とワンちゃん(王貞治)なんて、巨人の3番、4番みたいですね」

   梅津弥英子アナ「いいコンビになるといいですね」

   小倉「ほんと、いろんなことがある国です」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中