GWは「グルメトレイン」各地で運行!車内で地酒やスイーツ・・・能登半島や福島

印刷

   ゴールデンウィークを前に各地で「グルメトレイン」が続々登場している。のと鉄道は今月29日(2015年4月)から「のと里山里海号」を運行する。石川県の七尾駅から穴水駅までの33キロだ。能登の地酒を味わいながらのどかな田園風景や日本海の車窓を堪能できるというのが売り物である。事前予約で食事付きコースもあって、乗車賃込みで3500円だという。

JR飯山線の乗務員はもんぺ姿

   福島で25日にデビューするのが、福島県郡山駅から会津若松駅を走る「フルーティアふくしま」(片道4200円)だ。テーマは「走るカフェ」だという。おしゃれな車内で、福島のもぎたてフルーツをふんだんに使ったスイーツがいただく。

   織田信成(元フィギュアスケート選手)「スイーツも電車も大好きなので、最高ですね」

   長野県では4日からJR飯山線で「おいこっと」という観光列車が運行している。車内は民家風のつくりで、乗務員はもんぺ姿。野沢菜の漬物が振る舞われる。長野の辛口の酒なんかいいねえ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中