拡散するイスラム過激派テロ―持たざる者の不満・怒り背景に「国境超えて連携」

印刷

   テロの拡散が止まらない。各地で異なる組織によるテロが続く。いずれもイスラム国(IS)と呼応・連携するかのように装っており、16か国、32グループにもなるという。先月(2015年3月)、ナイジェリアのボコ・ハラムが新たにISへの忠誠を表明した。

   ボコ・ハラムは昨年4月、女子生徒200人を誘拐した。「欧米の教育をやめさせるためだ。生徒たちは売り飛ばす」と宣言し、世界中で抗議のデモが起り、アメリカのオバマ大統領夫人が声明を出したりしたが、1年経った今も生徒たちの行方はわからない。

新興勢力が「イスラム国」への忠誠を宣言

   ボコ・ハラムはナイジェリア北部の貧しいイスラム教徒から出た。石油が出て豊かな南部のキリスト教徒に対抗して、イスラム法による支配をとなえて2002年頃に結成された。小さな反政府集団に過ぎなかったが、誘拐事件を機に過激なテ ロ組織へと変貌した。イスラム国家の樹立を宣言し、国境を越えてチャド、ニジェールにも勢力を広げ、いまや戦闘員数千人といわれる。

   ニジェールの難民キャンプには100万人もが難を逃れていが、子どもたちが描くボコ・ハラムの襲撃の様子は残虐だ、銃弾が人を撃つ、首を切られた人、炎に包まれた家ばかりだ。12歳の少年は家から人が引き立てられ、1人ずつナイフで刺される光景を見た。13歳の少女は戦闘員と結婚を迫られたが、スキを見て逃げた。他の少女たちの運命はわからない。

   今年1月には新たなテロが起きた。人混みの市場で10歳くらいの少女が自爆して19人が死んだ。ISでもやらない手口だった。その後の「ISへの忠誠」宣言は、ISの名による権威付けとみられている。

残虐さ見せつけることで恐怖支配

   三井物産戦略研究所の白戸圭一氏はこう解説する。「ボコ・ハラムは土着の部族の色が強く、ISとの連携はグローバルなジハード運動としての大義名分になり、国境を越えた戦闘員のリクルートができるようになりました」

   ことさら残虐な行為を続けるのも、「恐怖による支配狙っているのです。残虐だと、先進国、とりわけアメリカの世論に訴えられるから」という。それでアメリカが攻撃してくれば、反米闘争になってまさに「望むところ」というわけだ。アメリカにとってもジレンマだ。元駐ナイジェリア米大使のジョン・キャンベル氏は「今の状況ではアメリカ政府の支援は難しい」という。アメリカにとって直接の脅威はISやアルカイダであって、ボコ・ハラムではないからだ。

   こうしたテロ組織に1国で対抗するのは難しい。ナイジェリア軍幹部は「戦いが長引くと武器、装備が足りなくなる。彼らは一般住民に紛れて戦っている」という。1月にはアフリカ連合の5か国による多国籍軍が組織されたが、戦況は一進一退だ。ナイジェリア政府幹部は「テロは世界に蔓延する病気だ。国境は意味をなしていない。すべての国が戦わないといけない」という。

   白戸氏は「経済格差への不満が根底にある以上、ここへ切り込まないとどうにもならない」という。

   それこそが病根だ。中東でもアフリカでもヨーロッパでも、テロの主役は持たざる者だ。切り込めれば宗教も革命も必要なくなるが、必ずや持てる者がたちふさがる。人間の性そのものではないか。

   それよりも、実態は山賊と大差ないはずのボコ・ハラムがなぜ政府軍に勝る武器や装甲車、戦車まで持っているのか。そっちの方が先ではないのか。

ヤンヤン

NHKクローズアップ現代(2015年4月9日放送「テロの拡散が止まらない~呼応するイスラム過激派~」)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中