2019年 1月 18日 (金)

「エコキャップ運動」ワクチン贈っていなかった!どこに消えたのか9100万円

印刷

   「ペットボトルのキャップを集めて、途上国の子どもにワクチンを送ろう」と呼び掛けておきながら、収益金が2年近くもワクチンに回っていなかった。9100万円はどこに使われたのか。

   NPO法人エコキャップ推進協会が行っている運動に疑義ありと週刊誌に報じられ、先週10日(2015年4月)に協会の矢部信司・理事長ら幹部が説明会見をしたが、「ワクチンではなく障害者支援に回していた」という。まるで説明になっていなかった。

途上国の子ども助けるはずが・・・

   この運動は女子高生の発案が発端で、NPO法人もできて組織化された。全国8万4000の団体・個人からこれまでに123億個のキャップを集める大きな運動になった。集められたキャップはリサイクル工場へ送られ、再生されてさまざまな商品の原料になる。その金の一部が途上国の子どもにワクチンを提供している国際支援団体に贈られる。キャップ860個で1人分のワクチンだ。

子どもが不信感

   ところが、2013年9月から協会から支援団体への送金が止まった。支援団体の伊藤光子・事務局長は「1年7か月、寄付は来てません。12年度分は3500万円でした。これは175万人分のポリオワクチンに相当します」と話す。団体は再三にわたって説明を求めたが、答えは得られなかった。

   06年には5万円台だったが、11年は3800万円、12年は3500万円にもなっていた。それが13年からストップした。この間、9100万円の収益があったはずといいう。協会は寄付をしていないにもかかわらず、支援者には「ワクチン何人分」という受領書を発行していた。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中