産経新聞・前ソウル支局長「出国禁止」解除で帰国―「突然で驚いた。でもホッとした」

印刷

   韓国の朴槿恵大統領への名誉毀損裁判で8か月も出国禁止にされていた産経新聞の前ソウル支局長・加藤達也氏がきのう14日(2015年4月)、禁止を解かれ帰国した。裁判そのものは今後もソウルで行われる。日韓関係の冷え込みをまだしばらくは背負っていくことになりそうだ。

逃亡の恐れないのに8か月も足止め

   午後7時半に羽田空港に着いた加藤氏は「ホッとしている。正直、驚きました。(出国禁止が)延長されると思ってましたから。自由に出られる状況とそうでない事態の重みを痛感しました」と話す。今週末にはまたソウルに戻って裁判に備えるという。

国交正常化50年

   加藤氏が名誉毀損に問われたのは、産経新聞ウエブサイトのコラムに書いた記事だ。昨年4月のセウォル号沈没事故当日、朴大統領の所在が一時不明だったことで、「男性と密会していたのでは?」という疑惑が出ていることを伝えた。韓国紙から引用や国会でのやりとりで、韓国国内では周知のことだった。

   ところが、韓国法務省はこれを「大統領への名誉毀損にあたる」とし、ソウル中央地検が加藤氏を在宅起訴した。同時に「出国禁止」措置がとられ、いままで延長されてきた。

   この間、産経新聞、日本政府は外交ルートや要人との会見の場で再三解除を求め、アメリカ政府スポークスマンも言論の自由に対する懸念を表明、ソウル駐在の外国メディアの抗議など異例の展開となった。

「証拠調査、争点整理が完了し、加藤氏の母親が病気で人道的な配慮」

   一転して出国禁止措置の解除とした理由を、地検は「証拠調査、争点整理が完了したため。加藤氏の母親が病気で人道的な配慮をした」などとしている。韓国外務省は「法務当局の判断。外交問題ではない」と、日韓関係の冷え込みとは無関係だと建前をいう。

   菅義偉官房長官は「わが国からすれば(解除は)当然のこと」として、引き続き裁判そのものの是非を訴えていく意向を表明した。

   司会の羽鳥慎一「日韓関係をこれ以上こじらせないためという見方もあります」

   赤江珠緒キャスター「国交正常化50年もありますしね」

   羽鳥「裁判はまだ続くということです」

   韓国はトップの意向ひとつで何でもありだ。前任大統領が続けて3人逮捕されてる国だ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中