<ドS刑事>(日本テレビ系)
多部未華子まだまだ足りないドSっぷり!容赦ない犯人言葉攻め期待

印刷

   「デカワンコ」の多部未華子が今度は超ドSな女刑事・黒井マヤに! 刑事になったのは正義感や組織への忠誠心ではなく、人の困った顔を見たいから、刑事になれば犯人を好きなだけいたぶることができるから、というとんでもない理由だ。

   そんな黒井刑事とバディを組むのは、関ジャニ・大倉忠義が演じる代官山脩介。マヤとは真逆の天然お人よし巡査である。なにかとマヤに振り回されるところが見ものだ。

   他のキャストも個性的で、マヤとなにかと対立する上司で、何事にも勤勉、努力家のエリート刑事・白金不二子には吉田羊、マヤとは「マヤヤ」「ケンケン」と呼び合う仲の女装法医学准教授・乾研三郎にはミッツ・マングローブ、マヤに翻弄されている代官山を見てるうちに自らのドM気質に目覚める巡査・浜田宗一郎には「Hey! Say! JUMP」八乙女光だ。刑事部屋には伊武雅刀、勝村政信、中村靖日もいる。

関ジャニ・大倉忠義「女装シーン」毎回のお約束にしたら・・・

   初回を見る限り、面白くなりそうな要素はある。なんたってタイトルが「ドS刑事」なのだから、ドSのシーンをたっぷりにして欲しい。犯人を言葉攻めするときももっとドSっぷりを発揮すれば俄然面白くなる。今の感じでは吉田羊のほうがよっぽどドSに見えてしまう。

   大倉が潜入捜査で女装する場面があったが、これがそこらへんの女子より可愛くてオドロいた。毎回、大倉の女装シーンを入れるなんていうのも、案外ドラマのフックになっていいかも。

   オリジナルは七尾与史のライトノベルで、「ドS刑事 風が吹けば桶屋が儲かる殺人事件」など、シリーズ累計45万部のベストセラーだ。(土曜よる9時~)

くろうさぎ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中