ボーガンで撃たれ足首貫通!自転車で帰宅中の男性・・・直後に白い車走り去り

印刷

   茨城県取手市の路上できのう15日(2015年4月)午前1時50分ごろ、自転車で帰宅中の会社員(47)がボーガン用とみられる矢で右足を撃たれた。激しい痛みを感じて気付き、右足首を貫通していた。矢は長さ40センチ、直径8ミリで2週間のけがだった。

別件で逮捕の36歳男―自宅からガンと矢

   会社員はJR取手駅から傘をさして歩道を走行しており、車道から撃たれたらしい。「激痛を感じた時、後ろから白っぽい車が追い抜いていった」と話している。

無差別

   目撃者はなかったが、きのう15日夜に事件は急展開した。知人を殴った疑いで逮捕された取手市内の男(36)の自宅を捜索したところ、ボーガンと長さ40センチの矢6本があり、白い乗用車を所有していた。警察は関与したとみているが、事件については何も話していないという。

   司会の小倉智昭「日本でもたまにボーガンによる事件がありますが、あまり規制されないんですよね」

レジャー用はネットで2~3万円

   1993年に矢が刺さったままのカモがみつかり、「矢ガモ」として話題になったことがある。アナウンサーの木下康太郎によると、競技用ボーガンは「日本ボウガン射撃協会」会員のみ購入可能で価格も20~40万円だが、レジャー用はネットでも簡単に購入でき2~3万円という。

   コメンテーターの加藤友朗(米・コロンビア大学医学部外科学教授)は「5メートルぐらい離れたところで殺傷能力があるとすれば、銃とそんなに変わらない。それが規制されていないというのは凄くおかしい気がしますね」

   宋美玄(産婦人科医)「レジャー用って、何ですか」

   キャスター菊川怜「なぜこの男性を狙ったのか。無差別なのか。怖いですね」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中