2018年 8月 20日 (月)

焼き鳥「鳥貴族VS鳥二郎」そっくり商売訴訟どう決着?これまでは和解で解決

印刷

   大手焼き鳥チェーン「鳥貴族」が看板や商法がそっくりだとして、後発の「鳥二郎」を大阪地裁に訴えた。損害賠償として6000万円を請求している。「鳥貴族」の訴えはこんな内容だ。

   まずは看板。「鳥」の文字がニワトリをイメージして図案化されているのは同じで、色も赤と黄色が逆になったようなデザインだ。目玉メニューも「貴族」の「じゃんぼ焼き鳥」に対して「ジャンボ焼き鳥」。店の内装も従業員の服装もメニューもよく似ているうえに、片や「280円均一」に「270円均一」だ。これでは「客が同一系列の店と誤解する」という「鳥貴族」は主張する。

   これに対して、「鳥二郎」はきのう21日(2015年4月)の口頭弁論で、「鳥の字にはくちばしがある。内装やメニュー、従業員の服装はありふれたものだ」と主張した。

同じビルに狙って出店

   客は「パクリかな」「姉妹店かと思った」「知らん人は間違えるわな」と話す。しかも、同じビルのあっちとこっちになるような出店で、鳥二郎は全12店舗のうち4店舗が「鳥貴族」と同じビルにある。

まあ、そっくりです

   だが、これを「信用が傷ついた」「利益をとられた」と証明できるものかどうか。小松靖アナが看板を並べて「さて、どうでしょうか」と見せる。司会の羽鳥慎一は「鳥貴族がいっぱいで、『あ、姉妹店がある』と思うかもしれませんね」

   赤江珠緒キャスター「しかも、同じところにあるんですよね」

   羽鳥「鳥二郎の方が安い。どうですか」

   山名裕子(臨床心理士)「よくこんなに堂々とできるなと思いますよね。10円安いし、ちょっとずるい」

   法律の専門家に聞くと、「鳥貴族」の訴えは「顧客吸引力にただ乗りしている」というのだが、裁判所が認めるハードルは高い。訴えることで、自らのオリジナリティーをアピールするねらいがあるのではという。こうしたケースは和解で決着することが多い。

   羽鳥「似てるなと思っても、それを認めるのは法的にはむずかしいということでしょうかね」

商標登録争いでは「鳥二郎」の勝ち

   尾木直樹(教育評論家)「もの凄く高度な商法ですよね。同じビルだと一層効果的で、戦略だと思います」

   羽鳥「鳥二郎の商標は認められてるんですよね」

   昨年5月(2014年)、「鳥二郎」の申請に「鳥貴族」が差し止めを求めたが、8月に登録が認められた経緯がある。

   赤江「これで両方が潤うということはないですか」

   小松「独占できたのに・・・というのが元だから、争いにならざるを得ません」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中