2018年 11月 15日 (木)

南米チリで火山大噴火!非常警報発令で住民6万人に避難呼びかけ

印刷

   南米チリ南部のカルブコ火山が22日(2015年4月)に噴火し、住民4000人が避難した。噴火は43年ぶりで、噴煙は上空20キロに達し、稲光が走る「火山雷」も見えた。チリ政府は非常警報を発令し、半径20キロ以内に住む6万人以上に避難を呼びかけた。

住民女性「みんなパニック。ミネラルウォーター買ったり、ATMに行ったり」

   住民女性は「みんなパニック状態です。スーパーでミネラルウオーターを探したり、ATMでお金を引き出そうとしたりしていた」と声を震わせる。上空に噴煙が広がったため、航空便の欠航も相次いでいる。

心配です

   司会の小倉智昭「チリは日本と同じで地震や火山が多いのですよね」

   チリでは10年にマグニチュード8・8の地震、11年にプジェウエ火山、先月3日にもビジャリカ火山が噴火した。

   菊川怜キャスター「日本もチリと太平洋でつながっているので心配です」

   小倉「チリ津波もありましたからね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中