ネパール地震「エベレスト大雪崩」!氷の壁が襲い、岩が落ちてきた

印刷

   おととい25日(2015年4月)に起きたネパールの地震で、27日朝現在で死者2460人、負傷者が6500人を超えた。レンガやブロックの家が多くひとたまりもなかった。震源が地下15キロと浅かったことで、横揺れが激しくなったと見られる。

世界遺産のカトマンズ歴史的建造物も跡形なく崩壊

   首都カトマンズ周辺では歴史的建造物の多くが被害を受けた。高さ62メートルのビンセンタワーが根元から折れ、ダルバール広場の寺院は原形をとどめず、特徴的な朱色の階段も確認できない状態だ。

余震続いている

   登山シーズンのヒマラヤでは雪崩が起きた。最高峰エベレストで日本人の50歳代男性登山者①人が死亡、50歳の女性がけがをした。エベレストのベースキャンプには世界中から登山家と観光客約1000人が来ていたが、「氷の壁が襲ってきた」「混乱しています。岩が落ちてきました」という。グーグル社の幹部など17人も死亡した。

   司会の小倉智昭「7000から8000メートル級の山が連なるヒマラヤ山脈ですが、歴史的には地震の多いところなんですね。地震国なのに弱い建物しか建てられない悲劇ですかね」

   菊川怜キャスター「余震が心配です」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中